抜け毛対策

産後の抜け毛でおでこがそりこみ状態に!?原因と具体的な対策

悩むママ

やっと人生の大仕事(出産)を終えたと思ったら、息つく暇もなく始まるのが、そう

産後の抜け毛!

普通の抜け毛も恐怖ですが、私の場合は前髪の両端がクイっと薄くなるM字はげに特に悩まされました・・

あなたも恐怖の産後抜け毛に悩まされていませんか?

当時の私は前髪がスカスカになって、そりこみの入った様なそれはそれは見るも無残な姿に。

  • 髪を束ねたいけど、額が気になってできない・・
  • 髪をかきあげるのも恥ずかしい・・
  • 旦那にはどんどん女として見られなくなっている気がする・・
  • このままではべジータと呼ばれてしまう

などスカスカな額の生え際に毎日悩んでしまい、早く生えて!早く生えて!と焦っていたのを今でも覚えています。

産後の抜け毛が気になりだすと、気分も落ち込んで外にでることも楽しめなくなりますよね・・

そこでここでは、現役美容師の私がそりこみ状態のM字はげを克服した方法について、具体的に紹介していきますね。

産後の前髪は自然に元に戻るの?

美容師01

こんにちは 美容師のTOMOです!

まずあなたが知りたいのが、「産後の前髪は自然に元に戻るのか」ということですよね?

私も、よくお客様からこの質問を受けます。

「産後の抜け毛はホルモンの影響で、一時的なもの。時間がたてば戻りますよ」とお客様にはいつも説明しています。

ただし、

「出産からどれだけ時間がたっても、元の髪に戻らない人がいる」ことも事実です・・

ですので、産後の抜け毛は自然に治るとヘアケアをせずに放置するのは絶対NGです!

私も産後抜毛が治まらない可能性があることを知っていたので、抜け毛の時期はかなり心配でした。

「大丈夫!時間がたてば自然に元に戻るよ」と気軽に言ってくれる優しい旦那に、軽い殺意が芽生えたのもこの頃です・・(笑

「髪は女の命」といいますが、美容師の髪は商品の一部でもあるんです。

あなたもこめかみの髪の薄い美容師から、「綺麗にしますよ」と言われても、「ホントに!?」と疑ってしまいますよね?

仕事のためにも、どうしても元の髪をとりもどす必要のあった私は、積極的にこめかみの生え際のケアに取り組むことにしました。

抜け毛対策はまずは生活習慣の見直しから

生活習慣の見直しについて

まず、産後に限らず薄毛の解消をするには、生活習慣の見直しが不可欠です。

特に、出産後は赤ちゃんに振り回されっぱなしで、気づけば心身共にボロボロに・・

あなたも似たような状況ではありませんか?

こんな状態では、ますますM字ハゲは進行してしまいます。

産後の薄毛対策のためにも、まずは、できることから着実に初めていくことが大切です。

薄毛改善のための生活習慣見直しの4つのポイント

美容師イラスト04

産後髪のために見直したい生活習慣のポイントは4つ。

  1. 栄養不足
  2. ヘアケア不足
  3. 睡眠不足
  4. ストレスをためない

あなたはどれが当てはまりましたか?

出産後のママは、普通この4つのポイント全てにおいて見直しが必要です。

しかし、現実的に睡眠不足ストレスについては、赤ちゃんの都合もあるので簡単には改善できないこともありますよね。

そこで、まず重点的に取り組んでもらいたいのが、栄養不足の解消ヘアケア不足の解消です。

1.栄養不足について

サラダ

栄養の不足やかたよりは、薄毛の大きな原因のひとつ。

産後のママがよくおちいってしまうのが、カロリーは足りているけど食事のバランスが悪いという問題。

産後は調理に手間をかけたくないため、気づいたらご飯や麺類(炭水化物)中心の食事になってしまいがち。

しかし髪の成長にとって、特に重要な栄養はたんぱく質です。髪の毛は、ケラチンというたんぱく質で大部分が構成されています。

そのため、髪の成長や抜け毛対策にはたんぱく質は必ず必要。肉・魚・卵などからたんぱく質を積極的にとり入れることをこころがけましょう。

またたんぱく質の他には、ビタミン(ビタミンB1・B5・M)・ミネラル(亜鉛など)も髪にとって欠かせない栄養素。野菜などから意識してとりいれましょう。

なお、たんぱく質などの栄養は、髪に行き届くまでに基礎代謝として使われてしまいます。

そのため、髪に栄養を届かせるにはかなりの量が必要になります。しかし、これを食事からとろうとすると、今度は体重の管理が難しくなってしまうジレンマ。

そのため、サプリなどを上手くつかって必要な栄養をとりいれるのがおすすめです。

私は、女性の薄毛治療の専門家が開発したサプリを飲んでいましたよ。もし、あなたが栄養のかたよりを感じているなら、一度試してみてくださいね。

↓私が飲んでいた科学的根拠のあるサプリはこれ↓

⇒専門医が開発したヘアバースサプリ

2.ヘアケア不足について

妊娠前は好きなだけ時間をかけていられたヘアケアも、子供がうまれるとその時間は激減。

あなたもきっと同じ状態だと思います。

お風呂でも、子供はしっかりと洗って、自分の体や髪は適当。こうなってしまうのは、当然といえば当然ですよね。

ただし忙しくても、シャンプーをきっちり洗い流すことと、髪を乾かすことはだけはサボらないようにすることが大事。

シャンプーをしっかり洗い流す意味は?

シャンプーのすすぎ

シャンプー役割は汚れを落とすもの。これはどれだけ良いシャンプーを使っても変わらない真実です。

そのため、頭皮にシャンプーが残っていることが多いと、「頭皮の常在菌が殺菌されすぎ」てしまいトラブルを招くことも。

シャンプー自体を適当にするのは、たまになら問題ありません。しかし、シャンプーのすすぎ不足は大問題。

前頭部(こめかみ)部分の抜け毛が気になる時は、この部分は必ず綺麗にすすいであげましょう。

子供がいると大変ですが、シャンプーはしっかりと時間をかけてすすいであげてくださいね。

髪をしっかり乾かす意味とは?

ドライヤー

あなたは髪を自然に乾燥させていませんか?

「出産を気にショートにしたから、ドライヤーはしなくても大丈夫!」

出産後のお客さまからも、こんな声を聞くことがありますが、これはNG!

髪の毛は浸透性が高いため、水を吸収して膨張します。

この膨張した髪は、ダメージを受けやすい状態なので、抜け毛の原因となってしまうんですよ。

また、髪を湿ったままにしておくと、蒸れて雑菌が繁殖します。

この雑菌は皮脂をエサするのですが、頭皮は一時的に減った皮脂を増やそうと、今度は皮脂を過剰分泌させてしまいます。

この皮脂の過剰分泌も抜け毛の原因となってしまうんです。

髪を濡れたままにしておくと、

  1. ダメージを受けやすい
  2. 皮脂の過剰分泌をまねく

ということから、抜け毛対策に取り組む時は、しっかりと髪の毛を乾かす必要があるんですね。

生活習慣の見直し以外のおでこの抜け毛対策

産後のヘアケアについて

ここまで、産後の抜け毛対策のための生活習慣の見直しを紹介してきましたが、これはいわゆる守りの対策。

しっかりと、抜け毛対策に取り組むためには、積極的にケアをおこなう攻めの対策も必要となってきます。

その積極的な抜け毛対策としておすすめなのが、育毛剤をつかった頭皮マッサージです。

産後の抜け毛対策の基本は栄養と育毛剤!

美容師02

よくある産後のM字はげ(そりこみ状態)の対策としては、

  • 帽子をかぶる
  • 前髪用のウィッグをつける
  • ターバンで隠す

などがありますが、これでは根本的な解決にはなりませんよね?

「私は髪を隠したいんじゃなくて、生やしたいの!」

こんな時に頼りになるのが、栄養補給育毛剤です。

毎日の食事やサプリからしっかりと栄養をとり体の内側を充実させる。

そして、外側からは育毛剤で頭皮に直接有効成分を届けてあげる。

これが、女性の薄毛対策の基本であり、最良な方法なんですね。

私もサプリと育毛剤を使い始めてすぐに、こめかみの生え際にうっすらとうぶ毛が生えてきましたよ。今ではすっかり元の額(ひたい)に戻ることができました。

もしあなたがこめかみの抜け毛で困っているなら、サプリと育毛剤による外と内からのケアを試してみてくださいね。

↓私が使っていた無添加育毛剤はこれ↓
マイナチュレ育毛剤⇒マイナチュレ公式サイトはこちら

あなたも、育毛剤と栄養補給を実践することで、きっと元の前髪を取り戻して帽子で髪を隠さなくてもよくなりますよ!

迷っているなら一度試してみて

出産後は子供中心の生活となり、毎日があわただしく過ぎてしまい中々自分の時間を持つこともできません。

そのため、「忙しいし、産後の抜け毛は一時的なものだから」と何もケアしない人も中にはいますが、これは絶対にNG!

抜け毛がおさまりこれから生えてくる髪のためにも、頭皮環境を整えしっかりと栄養を補給することはとても大切です。

美容師としての立場からも、「産後の髪にはなんらかのケアをしてあげてほしい」と思っています。

あなたも、私と同じように産後のM字はげが悩みなら、マイナチュレを試してみることをおすすめします!

すぐに前髪を隠してコソコソする必要はなくなり、きっと楽になりますよ!

私の経験があなたの役にたてば幸いです。

髪のことで悩まずに、お互いに、いつまでも若いママでいれるといいですね!